2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter

  • My Twitter

2015年7月14日 (火)

サポートと勇気に心からの感謝を。

この週末は、いよいよ2015年度日本マスターズ水泳選手権大会です
今年の初めには、この大会に出られたらいいなと思っていたけど、まさかホントに出ることになるとは
エントリーさえすれば、誰でも出られる大会ではあるけれど、マスターズの大会の中では別格な感じの大会なので、エントリーすることさえ勇気がいるほどだったので

でも、去年の今頃の自分を想像すると『自分で自分を褒めてあげたい』とはまさに去年の自分から今の自分にだなと我ながら思ってしまうほどの変わりよう
去年の7月から水泳を再開して、馬の人参ではないけれど、モチベーションを上げるためにレースに出始め、いつの間にかがっつり嵌ってた・・・
ある意味、水泳を再開したときから、自分では解っていたのかもしれないけど・・・

でも、ここまで来れたのは、決して私一人の力ではなく、公私にわたって私を支えてくれた方々いたから
特に、病気と闘いながら私の我儘を黙って見守ってくれた雪だるまや、雪だるまのリハビにがっつり取り組みながら、私の相談相手やら身体面の管理をほとんど無償状態でやってくれた件の鍼灸師さんこと船堀橋はり・きゅう治療院の市毛慎也先生、この二人の支えなしにはどんなに頑張ったってここまでたどり着くことは出来なかったと

この半年、何をやっても中途半端な自分が信じられないくらいの集中力で、雪だるまのこと、家のこと、仕事のこと、そして自分のことに取り組んできて、自分のことの集大成がこの大会なのだと今は思ってます。もちろん、この先も続けていくつもりではありますが。とりあえず。ここがチェックポイントということで

たった半年、されど半年、めちゃくちゃ苦しかったです。
フィジカル的にもメンタル的にも・・・
泳ぐことだけじゃなく、それ以外のこと、ぜ~んぶ、投げ出してしまおうかと思ったことが、何度あったか、その度に、雪だるまの悲しそうな顔と『自分のせいでお前が苦労する』という雪だるまの悲痛な言葉と涙で自分を取り戻して。。

そして、それまでダラダラとすごしてきた人間がいきなりハードなトレーニングを始めたことで生じた身体の故障と年齢的な要因による不調と精神的な要因による不調で、ガチガチになっちゃった私を辛抱強く治療してくれて、更に色々なことを諦めて投げやりになってた私にまだまだやれることはたくさんある思わせてくれた市毛先生のおかげで週末なんとかスタートラインに立てそうです。

さてレースまで残された僅かなに時間を最大限使って、、やれることをやろうと思います。
人はこれを悪あがきというかもしれませんが、それでもいいと思ってます。悪あがきさえ出来なくなっちゃったら、そのときがほんとのThe Endなんだと

2015年6月30日 (火)

ちょっとだけ告知してみる・・

雪だるまの入院騒ぎも落ち着き、7月2日に退院が決まり、ようやく来週からは、またいつもの生活が戻ってきそうで一安心
ただでさえ想定外の毎日に神経をすり減らしているのに、想定外の想定外が重なるともう身体がついていけません

そもそも雪だるまが患っている病気は、日本人が罹る病気ランキングではTop5に入るほどの病気なのだから、同じくらいの年齢の方が罹っている確率も相当なものだと思うのに罹ったあとの情報が少なすぎ。退院してからの生活のことになると、なおさらだ。

これが60歳を超えた方の情報になると途端に増える。 支援サービスやら相談窓口やらの数も・・・うちも介護保険を利用してはいるけど、保険を使って受けられるサービスの数は数えるほどしかないし、いずれ社会復帰をなんて考えたらそのサービスのクオリティの低さと言ったらない・・・

介護保険と言うものの本質がやっぱりお年寄りの方向けのものだから仕方ないんだけど、じゃあ、うちみたいなケースの人たちはどうしてるんだろうかと思う。

私はたまたまとても近くに相談できる方いて救われたけど。それでもその人に行きつくまでに神経をかなりすり減らしたし。 専門知識があって、同情とか可哀想と言った感情を抜きにして親身になって相談に載ってくれる第三者ってそうそういないですね

体験本も何冊か読んだけど、ふ~ん、この人んちはそうだったんだね。でもうちとは全然違うなって感じのものが多くて、もちろん参考になることもあったけど。 患者の家族会ってやつもあって色々話を聞いたけど、帯に短し、襷に長しって感じで、中々欲しい情報に行きつかない。 そうやって悪戦苦闘しているうちに雪だるまが倒れてからもうすぐ2年。あっという間に経ってしまいました。

まだまだ、色々やらなきゃならないことが沢山あって、身体がいくらあっても足りないけど、着実に前進は出来てる気がします。

今回みたいに発作をおこしてあたふたすることも多いけど。 前進できてるのは色々な方のサポートのおかげです。 そんな皆さんに等しく恩返しをすることは土台無理な話なので、じゃあどうするかってことで、自分で出来ることを使って皆さんに恩返しということで、微々たる情報ではあるけれど、私が雪だるまと生活をしていくうえで、知ったことを中心に高次脳機能障害を患った患者さん(高次脳機能障害が病気だけじゃなく、交通事故とかでも発症する)の、特に社会復帰を目指している方の家族の方ための情報サイトを立ち上げてみることにしました。

とは言え、私自身もまだまだ色々な情報を必要としているし、生活のために働かなきゃならないし、そればかりでは、身体がもたないので自分のケアもしないとイケないし・・ なのでそういった色々な情報を同時に集めることが出来たら良いな的な緩い感じで双方向なサイトに出来ればいいかなと思ってます。
まだまだ、企画段階ですが、病気のこと、リハビリのこと、日常生活のこと、そして介護している家族自身のケアのことなどなど・・秋くらいまでには1ページ目だけでもアップできるよう準備を進めております 何か有効な情報をお持ちの方がいらっしゃったら是非是非情報をお寄せ下さい。よろしくお願いします

2015年6月11日 (木)

勉強ちう・・・(*^.^*)

今日はプールでの練習はお休み

普段はバタバタと帰宅して、バタバタと夕食の準備をして食べて、あっという間にプールに出かけるのですが、ゆっくり帰宅して、雪だるまとゆっくり夕食を取って、いつもなら夜中にする洗濯やら片付けを9時前には済ませられたので、いつもより自分のための時間をとってもゆっくりと過ごしてます。

プールでの練習は休みですが、スタビライゼーションやらストレッチはいつもより丹念にやりました

ゆっくりトレーニング出来るので、先日から少しずつ勉強を始めた解剖学の本をみながらストレッチする部分を意識しながらやってみました・・・

週4日の練習で運動量はかなり落ちて不安があったけど、一回あたりの運動をプールにしても基本トレーニングにしても今までより大事にやれるようになったので、それはそれで良かったのかなと思います。

ガラスの肩もだいぶ回復してきたし・・・

Linecamera_shareimage

2015年6月 8日 (月)

休むときはしっかり休む・・・(・_・)...zzzZZZ

昨日、今日はプールはお休み・・・
プールはないけど、軽いドライランドトレーニングをして、あとは普段やれないことをやりつつしっかり休むように意識してます

頑張り過ぎるなと諭されてから、2週間、ようやくオンオフの切り替えが出来てきたようです

さて、明日からまたプールでの練習再開。
スイッチをオンにしてがっつり行きますか〜

20150608_22_25_27

2015年6月 4日 (木)

今日はお休み〜(☆_★;)

昨日のマスターズクラスはきつかった〜

限界を越えて頑張るのは止めたけど、このクラスの参加だけは、自分の目標をクリアするためにはどうしても参加が必要だから参加したのですが。。

今度の海の日にフィットネスクラブで館山で行われるOWSに参加するので、マスターズクラスはそれに向けて先月の後半から距離+スピードを中心にした練習が始まったのですが、毎週少しずつ強度が上がっているので一週抜けるとかなりきつい。

私の場合、ただでさえついていくのがやっとなのに、先週急遽休んでしまったので、さらにきつくなった感があります
今週はもう不安で不安で火曜日に一人で練習しているときにマスターズクラスのコーチと話をしたときもその不安を訴えてしまったくらいでした。

で、参加したら、先々週より距離もスピードもアップしていて、終わったときにはもうしゃべることも出来ず放心状態でした
先週休んだ原因の肩は、泳いでいる途中で、痛みを通り越してしびれてくる程でしたが、なんとか最後までもちました。一本も抜かずに泳げたのは、個人練習のときのスピードトレーニングのおかげと、私の意地だけだったかもしれません

とはいえ、肩やそれ以外の身体の状態から行ってかなり無理をしてしまったことは言うまでもないことなので、今日はプールでの練習はお休みにして身体を休めることに専念することにしました。ただ、家でできるトレーニングはしっかりと行いました。その方が回復が速いので

Linecamera_shareimage

見る人が見ればわかる、社会人が1時間で泳ぐメニューとしてはかなりのきつさだけど、これで初級コースって

2015年5月30日 (土)

頑張るのをやめれば・・・・

水曜日、頑張りすぎて、身体中きしみが出てしまい、ついに2日間の完全休養を申し渡され、しかも私の悪い点を切々と諭され・・・あなたは私の一体何?って気がしなくもなかったけど。まあ、確かに悪いのは私だから・・・反省。

そこから2日間、当然プールに行かず、家でのトレーニングも控えて、仕事をして、雪だるまの介助をする以外は、本当に何もせずに過ごしてみました

そして、木曜日は、前から気になっていたアロマによるコンディショニングを受けてきました。

ゆっくりゆっくり、たった二日間だけど過ごしたことで身体は大夫回復してきたので、昨日、今日とプールでの練習を再開してみました。 でも、たった二日、されど二日、休養したことで、今までの練習のリズムが崩れたせいか、どうも泳いでいる感覚がちぐはぐとしてしっくりきません。気持ちもアップしてこず、大丈夫かなと思いましたが、まあ、これで泳げなくなってもいいか〜って、返って開き直れた感じで、今までより泳いでて感じるプレッシャーみたいなのもはいつもより少ない感じがしました。そのせいか、今まで全然泳げなかったバタフライがかなり泳げるようになってきた感があります。

今日の夕方、いつものように件の鍼灸師さんに調整をしてもらいながら、休養中のこと、泳いで感じたことを取り留めなく話していたら、『麻里さん、たった二日ですよ。大丈夫すぐ戻ります。トップ選手だって四日休むこともありますから。それより、これで、焦って自分を見失ってしまわないようにすればいいんです。それに、いつもよりバランスが崩れていることを感じるのは、それだけ、今までに積み重ねてきたことで、感覚が良くなっている証拠ですよ。今日からまた頑張りましょう!』と言っていただけました

トレーニングについても、一人でやってると、内容が正しくできているかどうか不安になることを伝えたら、『皆さん、大抵やってることは同じだし、間違ってないんですよ。ただ、普通の方は、トレーニングのポイント毎に評価してくれる人がいないから、間違った方向に進んでしまっても修正ができなくて行き詰まるんですよ。でも、麻里さんは、僕が評価しますから、大丈夫ですよ。心配しないで、少しずつトレーニングを再開してくださいね。今日からスタビライゼーションだけしっかりやってください』とも

大丈夫です、もう無理はしません。この2日間、色々考えました。自分のこと、周りのこと、雪だるまのこと。そして、なんで、私が自分でもびっくりするほど、キャパを超えてがんばっちゃったのか、その理由について、今までは認めたくなかったことをようやく認めることができました。

理由がわかってしまえば、簡単で、別に無理をしてまでやる必要はなかったことも気がつきました。手に入れたかったものは、無理をしなくてもすぐそばにあると。幸せの青い鳥と同じですね。

なので、もう無理はしません。もちろん、諦めるわけではなく、自分がやれる範囲のことを精一杯、手を抜かずにがんばるということです。それでも十分結果はついてくると今は確信できるので。

» 続きを読む

2015年5月27日 (水)

急遽完全休養日にしてみた・・・(#x_x)

肩とか、右の大腿部とか、足首とか・・・身体の至るところが悲鳴を上げ始めているようです。
たぶん、泳ぎ続けるのはもう限界だと自分でも気がついていました。でも、自分から休養するのが怖くて・・・
ていうか、自分から始めたことだから、後に引けなくなってる感じですが。

自分ではどうしようも出来なくて・・・迷った挙げ句、夕方、治療院に行ってきました。
受付を覗いたら、件の鍼灸師さんがまだいらしたので、思わず、『肩が・・・』と一言言ったら、突然の訪問にちょっとムッとされてはいましたが、『今日、明日は泳いじゃ駄目です』と。
あ〜、その言葉を待ってました。意地っ張りな性格が災いして自分からは言い出せないことをこの人なら絶対言ってくれると解っていました。だから、迷惑を承知でアポ無しで治療院に行ったんです。気持ちが楽になりました。休んでもいいんだって。

その後、切々と休むべき理由を説明してくれましたが、『麻里さん、休むことも自分との戦いですよ。今回は逃げずに戦ってみませんか?』

一回り以上年下だけど、敵わない人はいるものですね。この人には全部お見通しでした。
というか、リップサービスだったとしても、赤の他人にそこまで言ってくれる人に私は会ったことがありません。

時々穿った見方をしてしまって、中々指示に従えずにいるというのに・・・それでもそこまで私のことを考えて言っていただけていることに、言葉がありません。

ということで、今日、明日は完全休養日にしました。
なので、ストレッチ系以外のドライランドトレーニングも一切なしです。

ちゃんと直して、今度こそ、しっかり身体を作って、また泳ぐことが心から楽しいって思えるようになりたいものです。。

2015年5月17日 (日)

お陰さまで♪

GWから始まった私の短水路のレースは本日で全て終了しました
結果としては、100、50、25のFrの全てで、自己ベストを更新することが出来ました
正直、結果には自分でも驚いてます。

ここまで集中して練習してきた結果がようやく実を結び始めたということだと、黙って見守ってくれた雪だるまや、忙しい時間を割いて色々サポートしてくれた件の鍼灸師さんには心から感謝をしています。改めてお礼を言いたいと思います。
本当にありがとうございました。

次はいよいよ長水路でのレースですが、それに向けては、まだまだ課題が山積しています。

レース終了後はだいたい1週間は身体を休めるですが、今回は、次のレースが丁度2ヶ月後にあるので、明日1日休んで、火曜日から練習を再開させる予定です。

ただ、ここ2週間で、休んだのは先週の月曜日一日だけだったので、身体は疲労困ぱいで、正直言えば、しばらくは何もしたくないのですが、抱えている課題が多すぎで、とても2ヶ月クリア出来そうにないので、怪我には最大限の注意をはらって、火曜日から練習を再開させるつもりです。



2015年5月16日 (土)

フォーム矯正は続く・・・(  ---   ___   ----- ; )

今日の治療の時間、件の鍼灸師さんに『明日のレースでもしも現時点でのベストより4秒タイムアップしたら、(あなたの)泳ぎを見せて下さい』とお願いしたら、一瞬、困ったような顔をされたけど、『いいですよ、そのうちに』と言われた。

『まあ、4秒なんて無理だと思うんですけど〜』と言ったら、『そんなことないんじゃないですか・・・まあ、3秒でもいいですよ』と。
あ、絶対無理って思ってるこの人。う〜(#`Д´)凸、ちょっと燃えてきました。
ぜえったい、タイムアップしてやる〜〜。

とは言え、先日から始めたフォーム矯正のため、今、泳ぎ自体がちぐはぐになってるんで、タイムダウンは必至な状況ので、やっぱ無理か〜〜

このフォーム矯正、昨日もプールでコーチから、今の時期に(レース前の)フォームを変えるのは無謀ですって、嗜められた。やっぱそうだよね・・・私もそう思います

件の鍼灸師さんも、『正直、僕も無謀かなと思ったんですよ。でもね、今のまま泳ぎ続けてたら、間違いなく怪我につながるから、僕にとってもこれは賭けだったんですよね』と。

そう、今変えとかないと、今のところの一番の目標の7月のレースまでに大幅なタイムアップは望めないし

私にとっても、一か八かの賭けでした。

フォームの矯正自体はかなりいい感じになってきてはいるので、もう後戻りもしたくないし、明日は取りあえず、今出来る泳ぎで泳ぎ切るしかないってことですね

2015年5月12日 (火)

荒行・・・?(___ 0 ___;フウ~~

泳ぐ上での自分の一番のウィークポイントを潰すために、先週末からフォームの矯正に取り組むのと同時に、持久力を上げるトレーニングも今までとは違うことをメニューに取り入れました

それが 50m x 6 1'00"S、現時点での自己ベスト + 10αの設定タイムです
メニューに取り入れるようにパーソナルトレーナーをして頂いている件の鍼灸師さんから指示があったときは、正直、素直にハイとは受け入れられませんでした
それくらい、私にとっては、厳しい設定タイムってことです

件の鍼灸師さん:やれますか?
私:・・・
件の鍼灸師さん:やれないんですか?
私:・・・
件の鍼灸師さん:速くなりたいんですよね?
私:そうですね・・・やってみます。

こと水泳のことになると彼はかなり厳しくなります。容赦がありません

早速、日曜日の個人練習からメニューに組み込んでみました。
結果、サークルタイムを守って泳げるのは最初の2本だけでした。
これが現実です
残り4本はグダグダな泳ぎになってしまった感が拭えなかったので、今日の個人練習でも同じことをするべきか迷いがあったので、そのことを正直に件の鍼灸師さんに伝えてみました。

件の鍼灸師さん:今日もやって下さい。出来ないことは最初から解ってましたよ。

私:えっ?でも2本しかサークルタイム内で泳げないのに、続けるんですか?残りの4本はどうするんですか?それって練習の意味があるんですか?

件の鍼灸師さん:2本サークルタイムで泳いで、3本目が、1'05"だったら、4本目以降は、そのタイムにかじりつくんですよ。とにかく、続けて泳いで、結果300mを泳ぐことが肝心なんです。持久力を上げるのと同時に精神力も鍛えることにつながる練習なんです。まるで荒行ですけど、それが麻里さんには今必要なことなんですよ。解りますよね?

私:そうですね。解りました。頑張ってみます・・・

件の鍼灸師さん:あ、でも、もう泳げないって思った時点で止めて下さいね。それ以上やるのは意味がないから。で、そのことを僕に教えて下さいね。他のメニューを考えますから。
他にもいくつかあるんですよ。泳ぎの中で持久力を上げる方法が。

件の鍼灸師さんにトレーニングをみてもらえる時間がないので、基本、プールで練習する中で持久力を上げて行くしかない私のために彼も色々考えてくれているようです。
しかも肩に爆弾を抱えているのでガッツリ泳ぎ込むのも限界があって、それをケアしつつ、
メニューを考えるのはホントに大変だと思います。ほんと頭が下がります。

ということで、今日の個人練習でもトライしました。
結果、なんと、3本目は1'05"でした、泳ぎを一度もみていないのに私の現状をぴったり言い当てるあたり、プロのプロたる所以を垣間みた感じです

何はともあれ、それ以降は、ほぼそのタイムで泳ぎ切れてちょっと安心しました。

明日以降の練習にも今日の結果を繋げていければいいんですが・・・


» 続きを読む

«GW初日から・・・(^口^;)

無料ブログはココログ